キャパシティ計画の課題

データセンタの成功の秘訣は、チーム間での効率的なコミュニケーションと信頼性が高いキャパシティ計画にあります。短期的に問題を解決すると、長期的なキャパシティ管理の戦略から離れてしまい、徐々にデータセンタのパフォーマンスが低下していきます。

データセンタの管理者は、直面する問題を必ず解決する必要があるため、不十分なデータに基づいた意思決定を行い、耐性とエネルギー効率を犠牲にしてしまうことが多々あります。では、どうすれば柔軟性とスピードを犠牲にすることなく、確かな情報に基づいたキャパシティ計画を作成できるのでしょうか?

答えは、バーチャルファシリティで解決できます。

 

 

 

運用時におけるバーチャルファシリティのメリット

私たちは、キャパシティ計画時に、スピードと品質は共存できると考えています。その鍵は、チーム間でしっかりとコミュニケーションをとり、キャパシティ計画を練ることです。私たちのキャパシティ計画向けのツールを使うことにより、容易に実現可能です。

Collaborate

チーム間の連携

実装前にIT機器変更に伴う、電力、スペース、冷却の影響を十分に検討できるように、ITとファシリティのチーム間の連携が大切です。

 

 

Make Decisions

自信を持って行う意思決定

高密度な実装から、機器の障害に至るまでのシナリオ解析と、安全に実行できる計画を保証する必要があります。

Speed

あなたの仕事を加速させる

意思決定を、自信を持って行うことでチーム間のコミュニケーションを向上させ、進行を妨げる障害をなくし、不要なコストを削減することもできます。

 

 

 

 

バーチャルファシリティプラットフォーム

データセンタに特化し開発された私たちのツールです。IT機器、施設、データセンタ管理者をつなぐことで、効率を上げ、リスクを軽減する、検証と意思決定のための集中管理プラットフォームです。

 

The Virtual Facility for Operations

6Sigma Access

IT機器の管理チームにとって、6SigmaAccessは、資産変更の提案を可能にします。ブラウザベースで、複数ユーザによる運用が可能です。

6Sigma Room

6SigmaRoomは、施設の技術者が配電、スペースの使用状況、重量制限、冷却風の流れに対する変更の影響を予測するために使用します。

6Sigma Gateway

6SigmaGatewayモジュールは、電力、温度などのライブデータをモデルに読み込み可能です。このライブデータは、より精度の高い予測のため、既存モデルと連携します。

 

 

バーチャルファシリティを活用しませんか?

私たちのエンジニアが、一般的なVFモデルを作成し、 標準的なアセスメントを実施してデータセンタの「健康状態」を調査することもできます。
 

お問い合わせ