熱設計プロセスを加速させる

6SigmaETは、電子機器業界向けにリリースされ、受賞歴もある熱設計支援ツールです。高度な熱流体解析(CFD: Computational Fluid Dynamics)を用いて、電子機器の熱問題を精度良く解くことができます。

ET Design 

設計

機器内部の温度と気流を十分に把握できると、性能とコストのバランスが取れたエンジニアリング的判断をより適切に下すことができます。

ET Optimize 

最適化

仮想環境でモデルの最適案を検証することができるのが、熱解析技術です。実測するより速く、安価で、安全に検証することができます。

ET Verify 

検証

設計の最終段階での変更は、避けたいものです。問題が早く発見できれば、検証に必要な試作機の数も抑えることができます。

 

 

 

さあ、6SigmaETを体験しよう!

今日、電子機器の設計において熱管理は非常に重要です。適切な熱管理は、機器の「性能低下の防止」、「信頼性の向上」、「安全性に関する問題の回避」につながります。

6SigmaETの紹介資料のダウンロード

 

Results You Can Rely On - Image

「確か」な結果

6SigmaETの強力なソルバは、「確か」な解析結果を導き出します。高い精度を求めるために、多くの詳細データを読み込み、大規模で複雑なモデルになっても計算をすることが可能です。

ユーザによる実測値と6SigmaETによる予測値の検証でも、精度良く一致しているとの結果が出ています。

ソルバー仕様を確認