6SigmaRoomモジュールの紹介
連携と拡張機能

6SigmaRoomには、いくつかのアドオンが準備されています。既存のDCIMツールとの連携やデータセンタの電力管理や床荷重管理を計算することができます。これらのモジュールは必要に応じで追加できます。

FutureFacilities Icons Gateway

6SigmaGateway

ライブデータとの接続

詳細確認

 

 

FutureFacilities Icons Power

6SigmaPower

給電経路の分析

詳細確認

FutureFacilities Icons Weight

6SigmaWeight

物理的な床荷重の分析

詳細確認


6SigmaGatewayでライブデータに接続

昨今のデータセンタは環境監視や資産管理のシステムから施設情報が膨大に収集されています。6SigmaGatewayは、バーチャルファシリティ内でこれらの情報を有効活用するために開発されたツールです。

6SigmaGatewayはバーチャルファシリティとデータセンタ管理ツールとの連携をスムーズにし、6SigmaDCXとユーザのDCIMツールと相互データ交換を実現します。

Gateway - Image

DCIM Integrations - Image


DCIMとの連携

6SigmaGatewayは主要なDCIMベンダーと連携しており、簡単な設定で、短時間に、連携させることができます。一般的なデータソースも6SigmaGatewayに追加できるので、自社製ツールとも連携可能です。

特定のDCIMツールへの対応状況は、弊社までお問い合わせください。

 

6SigmaGatewayの特徴/機能

transient 変更履歴

現状、ピーク/平均時の消費電力で簡易解析を行い、データを記録します。解析結果を基に、特定の期間内で最小/最大/平均時のIT負荷を見える化できます。

import key asset 重要な資産データの読込み

精度良くかつ短時間で、様々なツールからデータ(資産、電力、温度)を集め、6SigmaRoomと連携できます。

Live Database Monitoring ライブデータのモニタリング

ワンクリックで、一定間隔で収集しているデータを用いいて、バーチャルファシリティデータを最新の状態に更新することができます。

two way communication 双方向コミュニケーション

プランニングの意思決定を改善できます:6SigmaRoomで解析されたキャビネットの冷却能力データを他のツールに渡します。 

DCIM integration DCIMとの連携

主要なDCIMツールとネイティブAPIを介し連携し、現在のレイアウト情報を読み込むことにより、モデルを短時間に作成することができます。

 

 

6SigmaPowerで給電経路を解析

6SigmaPowerは、施設全体ならびにIT機器に対して、電力供給が適切に行われているか、データセンタ内の給電経路状況を検証・解析するモジュールです。

6SigmaPowerは、主電源からIT機器までの給電経路全体の見える化が可能となり、ブレーカ負荷や停電/故障シナリオを検証することができます。

6SigmaPower - Image

 

6SigmaPowerの特徴/機能

Power Connectivity 給電経路の形成

主電源や、発電機からIT機器までの全体の給電経路を構築できます。

power network 給電経路の解析

実装までに計画に電源網を検証できます。

What If Analysis   シナリオ解析

給電経路内でどこかで停電した場合を擬似し、静的な電力システムの停電時の影響範囲を検証できます。

Phase Balancing   相バランス

将来の拡張時に必要なブレーカ負荷を計算し、計画通りに実装された後にブレーカ負荷と位相バランスを確認できます。

features icons failure analysis 単一障害とカスケード障害

冗長化されたブレーカが故障した場合のブレーカの負荷バランスを検証できます。

Resilience Testing 耐障害性の検証

障害が発生する箇所を特定し、見える化することにより、施設内の給電経路の耐性を検証し、この障害が施設の他の部分に及ぼす影響を解析することができます。

Single Line Diagram   単線結線図

一筆書きで給電経路全体を可視化できます。

Web Icons connected 自動接続

新規のデバイスが接続された場合に、自動的に給電経路に追加されます。

automated reporting レポートの自動作成

相バランス、電力接続状況、単線結線図を含むパネルや図表付きレポートを作成します。

 

 


6SigmaWeightで物理的な床荷重の確認

6SigmaWeightは、6SigmaRoomのデータセンタ機器ライブラリから、バーチャルファシリティの詳細モデルと機器の搭載情報を基に、各フロアタイルの床荷重を算出します。

この追加機能によって、6SigmaWeightで各ラックの重量制限を設定し、搭載可能な重量を見える化することができます。このデータは6SigmaAccessでも利用されます。

Weight - Image

 

6SigmaWeightの特徴/機能

Design thresholds 閾値を考慮した設計

二重床に対して、許容できる安全率を設定します。

Tile Design Loads フロアタイルの設計荷重

各フロアタイルの設計荷重を設定します。

predefined weight 事前定義された重量値

重量が事前に定義されているライブラリアイテムを活用するか、値を任意で設定することができます。

automated reporting レポートの自動作成

二重床に対して、利用可能な重量や現在の床荷重、キャビネット毎の総重量、キャビネット毎のIT機器実装可能重量などのレポートを作成します。