6SigmaRoomLite-簡易版CFDツール

エントリーレベルのデータセンタ向けCFDソフトウェア「6SigmaRoomLite」は、データセンタの初期設計に最適です。ドラッグ&ドロップに対応した幅広い種類のライブラリオブジェクトや、自動化機能を備えた強力なソルバエンジンを活用し、モデルの構築・解析を短時間で、簡単に実行できます。
6SigmaRoomLiteで設計検討とトラブルシューティングを行うことで、データセンタ内の気流やホットスポットの問題を解決できます。

Room VS RoomLite

群を抜く速さ-より充実した未来を

概念設計とは、様々な選択肢を試し、可能な限り速く最適な構成を導くことが大切です。ブラックボックスキャビネット(簡易版キャビネットモデル)も取り入れました。

このモデルを使うと、消費電力をラック毎に同様に定義し、データセンタ施設をより短時間で作成でき、ある程度の精度を維持しながら解析時間の短縮を図ることも可能です。

Unparalleled Speed - Image

 

特徴/機能

私たちFuture Facilitiesは、業界の中でもより優れた機能やツールを開発してきました。
以下は、特に優れた特徴/機能です。

hollow ducting 中空ダクトの作成*DCX11の新機能

6SigmaRoomLite で、中空冷却ダクトをモデル化できるようになりました。ダクト内部を詳細に再現し、より精度の高い解析結果を求めることが可能です。

DCIM integration サードパーティツールとの連携

既存のデータを利用すると、効率良くモデル化、レポート作成ができます。AutoCAD、Excel、PowerPoint等のアプリケーションと6SigmaRoomLiteの間で、データの読込みと書出しを素早く、簡単に行うことが可能です。

model any dc あらゆるデータセンタをモデル化

最新機器の検証や複雑な制御理論の提案等、どのようなデータセンタのモデル化も柔軟に対応できます。

fresh air フリークーリング(外気)モデル

エネルギー効率の向上を目指し、最新の直接・間接式フリークーリングシステム (例. 散水システムや湿式媒体)を検証できます。

metrics データセンタの指標

グリーン・グリッドのPI (Performance Indicator) でデータセンタ施設の冷却特性を見える化し、ASHRAE、PUE、SLAコンプライアンスを含む業界標準の指標を表示します。

solve anywhere 解析環境の自由度

自動で速い特徴を持つFuture Facilitiesの並列ソルバは、処理能力を最大限活用するために「安全・大規模モデル対応・必要に応じて無制限に使用可能」なクラウドサービスを使って処理能力を更に上げることもできます。

import cad 2D/3DでCAD形状を読込み

既存のCAD図面や形状を読み込み、解析のプロジェクトを効率化します。

automated reporting レポート作成

gif、wmv等の標準的な形式で、画像や動画を書き出だすことができます。また、レポートは自動作成、内容のカスタマイズが可能なため、1クリックで最新の設計案のデモを行う準備ができます。