デジタル時代のエンジニアリングシミュレーション技術集団

Future Facilitiesは、パッケージからデータセンタまでの分野において、事前予測をエンジニアリングシミュレーションを活用することにより、最適な決定ができると考えています。私たちの独自技術である3Dモデリング技術を活用した「バーチャルプロトタイプ」と「エンジニアリングシミュレーション」は、業界トップレベルのパフォーマンスです。私たちのバーチャルプロトタイプ技術は、企業内の意思決定プロセスを加速させ、より効率的で信頼が高い製品を市場に送り出すことを可能にしています。

私たちのデータセンタ向けソフトウェアは、すべてのデータセンタ内のIT機器と設備、建物をバーチャルファシリティ(以下、VF)モデルとして再現することができます。エンジニアリングシミュレーションを搭載したVF技術により、データセンタのパフォーマンスを見える化、定量化することで、様々な仕様変更による影響を予測できるようになります。

2004年、私たちは、発展途上にあるデータセンタ業界にエンジニアリングシミュレーションを広めるべく、初版CFDソフトウェア「6SigmaRoom」を開発しました。世界中のコンサルティング業者は、次世代の設備設計をするために私たちのソフトウェアを使用し始めました。最近では、既存のデータセンタ施設における問題を解決するためや、キャパシティ計画を練るため、データセンタ全体の効率化と耐性を向上させるために使われています。

2009年、6SigmaRoomのモデリング技術をより小さいスケールの電子機器向けとして「6SigmaET」が開発されました。6SigmaETは、解析スピードが速く、業界屈指の精度の高さから、世界中の電子機器設計者にとって必要不可欠な熱設計支援ツールとなりました。

2016年、資産管理と運用管理を戦略的に問題解決するべく、「6SigmaAccess」を開発しました。このブラウザベースのツールにより、IT機器の担当者は、数週間費やしていた設置計画と実装工程を数日に減らすことができました。

私たちのソフトウェアは、建築業界の他に、電子機器・半導体メーカー、投資銀行、ソーシャルメディア、自動車関連企業、航空宇宙関連企業、軽油・ガス関連企業、政府系機関など、幅広い業界のお客様にご利用いただくまでに成長しました。

chip-to-chiller

Designers & Consultants icon

電子機器の熱設計

6SigmaETは、業界最新、最速で3D CADデータに強く、大規模解析ができる電子機器設計者向けの熱気流シミュレーションツールです。

 

詳細はこちらへ

6SigmaDCX Logo inc Strapline

データセンタの設計&運用

6SigmaDCXは、データセンタの設計かた最適化、運用計画までを実現できる唯一のエンジニアリングシミュレーションツールです。

 

詳細はこちらへ

 

 

 

Future Facilitiesについて

私たちは、CFD解析技術をコア技術として、データセンタのハイパースケール事業者から運用会社、そして、コンサル会社、更に電子機器等のものづくりをしている方々にソフトウェアならびにコンサルティングサービスを提供しています。

products

柔軟なソリューション

私たちのソフトウェアは、安全なオフライン環境で、バーチャルプロトタイプを作成し、解析結果を定量評価し、設計のトラブルシューティングができます。

製品を見る

Team

万全なサポート体制

データセンタの設計・構築から電子機器の設計まで経験豊富なエンジニアが技術サポートします。。世界中のネットワーク網を用いて、様々な情報を提供可能です。

事業所一覧

Thought Leadership

業界のリーダー

業界団体や研究機関と連携し、業界基準の確率や改善に取り組んでいます。2016年にはデータセンタの冷却特性を評価するPIの策定にも参画しました。

新機能

 

 

 

パ―トナー

私たちは、以下の業界団体、専門機関、研究所の活動に参加し、業界基準の確立と改善に貢献しています。
 

AHRAEDC proDC Alliance

ES2     Open Compute     the EC     the green grid