6SigmaET
カーエレクトロニクス技術展2019に出展決定

自動車設計初期段階の熱問題を素早く解決

詳細はこちら

より良いデータセンタの実現

バーチャルファシリティで設計と運用管理

ビデオを再生

リリース13 提供開始!

クロスプラットフォーム

強化されたモデル化機能

電力結線図の機能拡張

...他、多数の新機能を紹介!

熱設計プロセスを
加速させる

電子機器のための熱解析

詳細確認

 

 

設計と運用管理の「意思決定エンジン」

6SigmaDCXスイートは、今まで予測できなかったリスクやキャパシティ管理を、
エンジニアリング技術を用いて可能な限り、低コストに、高効率化を実現することができます。

ET icon  

電子機器の熱解析

操作性、自動化、解析精度と、電子機器の熱設計の課題を素速く解決することができます。

熱設計ツール

Design and Operations icon

データセンタの設計

事前に施設の検証、最適を行い、ムダのない、グリーンなデータセンタの構築が可能です。

設計構築 & 検討

Operations and management icon

データセンタの運用管理

仮想環境で構築計画案を検討でし、すべてのビジネス需要に対応することができます。

運用 & 管理

 

 

 

 

的確な決断を下すためには?
「バーチャルファシリティ」を導入!

私たちのバーチャルファシリティ(VF: Virtual Facility)は、IT機器と施設全体の方向性を決めることができます。

エンジニアリングシミュレーション技術を用いたバーチャルファシリティを使うことで、データセンタのキャパシティを見える化・定量化することで、変更があった際の影響を予測することができます。

的確な決断を行うには、データセンタで「今」起きていることを把握するだけでは足りません。「次」に起きることを知る必要があるのです。

Introducing-the-VF

 

データセンタ運用管理の重要性

Gartner社のCool Vendor Reportにて、「一般的に、断片的なアプローチで運用を行うと、データセンタのキャパシティは大幅に減少する」と述べられています。この運用環境で、さらにキャパシティを確保する際は、本当は必要ない新しいデータセンタを建設しなければならなくなります。アプローチが断片的になるのは、エンジニアリング的観点において、データセンタの運用状況の見える化が不十分でることが原因です。

 

Stat Capacity

把握できないキャパシティ

一般的なデータセンタでは床面積の使用率が63%となっており、使用可能なスペースが1/3以上残されています。

 

Stat Power

消費電力

一般的なデータセンタの電力使用率は56%ですが、新しいデータセンタを建設する必要がある場合、CAPEX(資本的支出) が増える可能性があります。

 

Stat Consolidation

計画の将来性

調査を受けた企業の62%がITインフラを電力および/またはスペースの可用性に対応できるように統合することを計画しています。どのように?

各業界のお客様の声

バーチャルファシリティ (VF: Virtual Facility) 技術を活用することにより、、不確定さを取り除き、自信を持って方向性を決定することができます。私たちFuture Facilitiesは、弊社のソフトウェア技術と共に幅広い業界の企業が効率良く、運用管理コストの削減を達成するためのサポートを行ってきました。どのように弊社製品・サービスを利用し、安心で最適化されたワークフローが確立しています。

 


パフォーマンスが
30%~40%向上しました。

Ricardo Montes 氏
シニアマネージャ
DC Management社

 


日々の業務に6SigmaDCXの技術を標準化したい。

Christian Pastrana 氏
DCプランニングVP
Citiグループ

 


設計構築や最適化をするためのコアツールになった。

Scott Payton 氏
テクニカルディレクタ
GDCE社

私たちのお客様(抜粋)

EquinixCiscoDigital RealtyHPBOEING

BoschDellCommscopeSelex ES